MIAレポート24号の配信

投稿日:2020年4月1日

4月から行われる縦覧は、納税者に課税標準の基となる固定資産の価格を知ってもらい、固定資産の価格が適正であるか確認してもらうとともに、登録価格に不服がある場合には、審査委員会に審査申出をすることができる機会を与える趣旨でもあります。今回のMIAレポートでは、縦覧及び審査申出制度の基本的事項について解説します。

PAGE
TOP