固定資産評価支援事業 「土地評価」

Fixed Asset Valuation – Land Evaluation

固定資産の評価は、大量評価を前提に「固定資産評価基準」により行なうこととされています。しかしながら固定資産評価基準は、全国一律に評価の詳細な方法までを定めたものではありません。また、土地の評価は専門性が高く豊富な知識が必要です。

弊社は、平成6年の7割評価導入以前より、固定資産土地評価のご支援をしてまいりました。現在の宅地の評価は、市街地宅地評価法とその他の宅地評価法の2種類の評価方法に大別されますが、特に市街地宅地評価法、いわゆる路線価方式では路線価を算定するためにGISを活用し、システマチックに路線価算定を行なうことが一般的となりました。また、固定資産の評価は、宅地だけきちんと行えばいいというものではありません。宅地は、比較的評価額が高く、税収も大きいため専門コンサル等に委託し評価をしている自治体がほとんどです。しかしながら、雑種地も一般農地も一般山林も宅地と同じように固定資産税を徴収しています。これらの土地についても基礎資料や根拠の整備をして、納税者からの問合せに答えられる環境を整えておくことが重要です。弊社は、宅地システム評価業務はもちろん、宅地以外の全ての地目について、不動産鑑定士を中心に自治体の皆様のご支援をするとともに、より正確で公平公正な課税を目指してまいります。

  • 宅地システム評価業務
  • 雑種地評価支援業務
  • 土地評価事務取扱要領整備支援
  • 地目認定支援業務
  • 画地認定及び計測支援業務
  • その他の地目の評価支援
  • 各種補正率に関する意見書作成業務
  • 特殊な土地の評価支援業務
土地評価
家屋評価
償却資産
総合支援

PAGE
TOP