固定資産評価支援事業 「家屋評価」

Fixed Asset Valuation – House Evaluation

家屋の固定資産評価基準は、土地に比べれば細部まで取り決めされており、その点では、土地よりも市町村間の評価の差異は、少ないと考えられてきました。しかしながら同じ建物を複数の自治体で評価した場合にその評価額は大きいところで2割程度あると言われています。また、内部でも担当者により、見方が変わることにより評価額が変わってしまうといったケースもあるようです。近年は、税理士、弁護士といった専門家の節税コンサルが大型の家屋をターゲットとして審査申出や訴訟を起こすケースが多くなりました。弊社は、そうした家屋評価について、『家屋評価事務取扱要領整備』の支援やゴルフ場等の建物について『需給事情による減点補正』の補正の適否の検討など、自治体家屋評価を後方より支援しています。

  • 家屋評価事務取扱要領整備支援
  • 需給事情による減点補正検討支援
  • 家屋全棟調査支援
土地評価
家屋評価
償却資産
総合支援

PAGE
TOP